So-net無料ブログ作成

ポケットWifiはなにが良いのか? [無線運用全般]

 現在私が使っている 「 ポケットWifi 」は、「イーモバイル」の「GL06P]です。

IMG_3761.jpg
写真は今使ってる私の「GL06P」です。

 2年契約で、月3880円の料金体系になっています。

 契約は2015年6月12日までで、以降そのまま使っていると月額5880円に自動的に上がる契約になっています。

 都市部ならば日本全国ほとんどの場所で、全く問題なく使えます。

 ただ、山間部など、ドコモの携帯が普通につながる場所でも、通信ができなくなります。

 まあこれについては、はじめからエリアマップでわかっていましたので仕方のないところです。

 相方が、ドコモのXi(クロッシィ)を持っていますが、FOMAのエリアで使えるので今のところこの「Xi (クロッシィ)」が最強だと思います。

 最近気になってるのは、ヤフーが出しているポケットWifiルーターです。

 月額が2743円は安いですよね!端末送料も無料! エリアマップを見る限りでは結構いい線行ってそうです。

 しかし・・・このヤフーの「ワイモバイル」・・・いつのまにか 「ウィルコム」 を 「イー・モバイル」のイー・アクセス社が吸収合併するタイミングで、ヤフーがイー・アクセス社を吸収合併してできたものだったのですね。

 つまり、「キビナゴ」を狙っていた「カマス」が、「キビナゴ」を食べた直後に、「ブリ」が「カマス」を丸のみにした! こんな感じですね。(^-^)

 ということは「イーモバイル」と「ワイモバイル」のエリアは基本的に同じだと判断してよいのでしょうかね?

 そういうことなら、「イーモバイル」を2年の満期が来るタイミングで解約して、月額の安い「ワイモバイル」に乗り換えないと損をするということになりますね。 


 



移動運用時の電源 [無線運用全般]

DC-ACインバーター

 無線をやってると、車での移動運用時にAC100Vの機器を使用したい場面があります。

 パソコンを使ってログをとったり、インターネットの情報を見ながらの運用など、運用形態によって様々です。

 その場合、もちろん使用するのはノートパソコンです。

 ノートパソコンですので、バッテリー駆動で使えますが、一日中使い続けるにはバッテリーの容量が足りません。

 省エネモードで使用するので画面の輝度が下がって暗くなるため、昼間の屋外ではモニターがとても見難くなります。

 そこで12V直流を100V交流に変換するDC-ACインバーターを使います!

 小型のピーク150Wクラスのインバーターは小型のモバイルパソコンが限界で、ノートパソコンでも消費電力が大きい機種をつなぐとインバーターの警告アラームが鳴りまくって使えません。

 ピーク250W以上のインバーターなら使えます。

 私の場合は、普段のモバイルパソコンの場合は、アラームがなることはありますが、150Wのインバーターを使用し、長時間使用する場合は、写真のピーク500W(低格出力400W)のものをエンジンをかけた状態で使用するようにしています。

IMG_3705.jpg

 尚、ピーク500Wクラスのインバーターを使う場合は、シガーライタープラグからではなく、カーバッテリーに直接つないで使用する形になります。

 キャンプなどで運用する場合は、発電機か前回の記事に書きました蓄電型電源システムが最強だと思いますが・・・やはり敷居が高い。

 もう少しお手軽なものを見つけましたのでご紹介します。(^-^)

 イベント向け電源セット(マルチインバーター+リチウムイオンバッテリー)というもので、最大容量の6400Wh(500Ah)のリチウムイオンバッテリーを用いて、消費電力20Wのポータブルテレビをインバーターに接続して使用した場合、 約2週間も使用できるとのことです。(この使用時間はあくまでも計算上での値ですので参考値程度にお考えください。)

 マルチインバーターの機種と、バッテリーの容量との組み合わせが選べるようになっているので、使用目的と予算によって選べるのがなかなか良いなと思いました。

 イベント向け電源セットの詳細
 

 ちなみにこの中で、私の予算(手が出せるであろう範囲)では1200Whのリチウムイオンバッテリーと1000Wのマルチインバーターのセット・・・といった感じです。(^-^)


無線運用時の電源 [無線運用全般]

固定局(常置場所)では、写真の安定化電源を使用して運用しています。

IMG_3655-s.jpg

キャンプなどアウトドアでの移動運用時はコンセントから電源をとることができませんので、やはり悩みの種ですね。

私の場合は、基本的に鉛蓄電池(車用のバッテリー)を使用しています。

普通車などのバッテリーでは持ちが悪いので、4輪駆動車などに搭載されているやや大型のもので、12Vのものを使用しています。これでも運用時間に制限がありますが、コンテストなどに出ないので、長時間連続で運用することが少ない私には十分です。 

IMG_3658-s.jpg

12Vのバッテリー直結だと50W運用が厳しいので、昇圧装置を使って電圧を安定させています。
ただ、このバッテリー・・・重さが30kgもあるので、足の上に落としたら骨折してしまいます!運搬も結構大変です!(^-^)

最近、優れものの電源マシン?をネットで発見しました。
蓄電型電源システム ECO-POWER 6400
というもので、大きなブロックタイヤの台車に電源装置が乗ってる形のものです。容量は6400Wh、正弦波インバータ搭載で100Wの機器を50時間動かせる性能を持っています。15WのLEDランプなら300時間使用可能です。リン酸リチウムイオン電池を搭載しているので重さは140kg、防塵・防滴仕様で騒音もなく(ファンの音のみ)、排気ガスも出ない!ガソリンなどの燃料を使わないので安全です。
価格が高額なので、個人装備としてはなかなか難しいところはありますが、なかなか優れものだと思います。
個人のアマチュア局にとっては高根の花かもしれませんが、災害時には強い味方になりそうです。