So-net無料ブログ作成

無線運用時の電源 [無線運用全般]

固定局(常置場所)では、写真の安定化電源を使用して運用しています。

IMG_3655-s.jpg

キャンプなどアウトドアでの移動運用時はコンセントから電源をとることができませんので、やはり悩みの種ですね。

私の場合は、基本的に鉛蓄電池(車用のバッテリー)を使用しています。

普通車などのバッテリーでは持ちが悪いので、4輪駆動車などに搭載されているやや大型のもので、12Vのものを使用しています。これでも運用時間に制限がありますが、コンテストなどに出ないので、長時間連続で運用することが少ない私には十分です。 

IMG_3658-s.jpg

12Vのバッテリー直結だと50W運用が厳しいので、昇圧装置を使って電圧を安定させています。
ただ、このバッテリー・・・重さが30kgもあるので、足の上に落としたら骨折してしまいます!運搬も結構大変です!(^-^)

最近、優れものの電源マシン?をネットで発見しました。
蓄電型電源システム ECO-POWER 6400
というもので、大きなブロックタイヤの台車に電源装置が乗ってる形のものです。容量は6400Wh、正弦波インバータ搭載で100Wの機器を50時間動かせる性能を持っています。15WのLEDランプなら300時間使用可能です。リン酸リチウムイオン電池を搭載しているので重さは140kg、防塵・防滴仕様で騒音もなく(ファンの音のみ)、排気ガスも出ない!ガソリンなどの燃料を使わないので安全です。
価格が高額なので、個人装備としてはなかなか難しいところはありますが、なかなか優れものだと思います。
個人のアマチュア局にとっては高根の花かもしれませんが、災害時には強い味方になりそうです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0